NEW YEARS COUNTDOWN LIVE & LATIN PARTY 2023 !!!!!

3年ぶりのカウントダウンライブを行うこととなりました。
自粛でこの2年は、自宅で新年を迎えることとなってしまいましたが、来年は飛躍の年になりそうです。卯だけに…ピョンピョンと(笑

Salsaの生演奏で、歌って踊って一緒に新年を迎えましょう‼️

●2022.12.31(水)~2023.1.1(木)
21:00             Open
21:00~23:00  Dinner & DJ Astro
23:30~           Dance Show
23:50~           Live Band Start
24:00~late     Countdown with Live Band & Party!

会場:ヴィダ・ラティーナ
〒550-0012
大阪市西区立売堀4丁目3-16 ピオーニビル7F
電話 090-8574-3272

お一人様7500円(フード付)
お一人様 ¥6500 (食事なし)
FOOD (40名予約のみ)
PERFORMANCES
1 DRINK (¥500 含む)
カウントダウンのシャンパン1杯を含みます。

●DINNER
(Chicken or Beef Empanada, Rice, Salsad)
お食事のご用意は40名様まで。チキンかビーフのどちらかをお選びになり、ご予約の際にお伝え下さい。お食事なしでの参加は¥6,500となります。

ご予約
vidalatinajapan@hotmail.com
090-8574-3272

お問い合わせ  : ムラータミュージック
お問い合わせ、ご予約お待ちしております。

#salsa #salsalive #musicacubana #countdownlive #conga #bongo #timbales

Keep on gettin’ up Cha cha cha

ファンキーでソウルフルなHorace Silverの「Keep on gettin’ up」をくれないがサックス・カルテットにアレンジし録音した音源に、教室のアンサンブルレッスンの見本となるようにラテン・パーカッションをアレンジして録音しました。

テーマAは Cha cha cha、テーマBは Doble TiempoでComparsa風にアレンジしてみました。
各サックスソロはSalsaです。続きを読む →

装飾音符フラム??『トラッ』

前回のブログでは、シンコペーションを使いテンションがかかった躍動感あるリズムとなりました。そこにもうひと工夫して見たいと思います。
ドラムで一般的に広く使われているルーディメンツに代わる独特のフレーズを加えます。今回はそのルーディメンツのひとつに挙げられる“フラム”に似た装飾音符のフレーズです。

「ト、ト、ト、ト」と1音ずつ叩くところを「トラッ、トラッ、トラッ、トラッ」と2音ずつ叩きます。

続きを読む →

シンコペーションを使ったマルチャ

前回のブログでは基本となる4拍目の裏に入るシンコペーションとシングル、ダブルストロークのコンビネーションをご紹介しました。今回はシンコペーションをもう少し複雑にしたフレーズをご紹介します。

ところで、シンコペーションを作るのに必要なことと言えばなんでしょう?

続きを読む →

初めてのコンガ ~基本パターン~【TUMBAO その1】

前回のブログ(初めてのコンガ~音の出し方~)の音色を組み合わせて、キューバ音楽のSONやSALSAの演奏に用いられるトゥンバオ(Tumbao)の基本となる最もベーシックなリズムパターンをクラーベ(Clave)を交えてご紹介いたします。

クラーベは、4拍で構成されています。4/4拍子では4分音符を1拍として1小節、2/2拍子では2分音符を1拍として2小節で1クラーベとして進行します。続きを読む →

初めてのコンガ ~音の出し方~

初めてでも叩けば簡単に音が出るコンガ!
楽器を手にした時から楽しい気分なれます。
さらに、コンガの音の出し方をマスターして、いろんな音が出せるともっと楽しくなります。
ひとつのコンガで多彩な音色を奏でることができます。
今回は、基本となる6種類の音の出し方をご紹介したいと思います。

続きを読む →

叩かない音の大切さ!!

シングルストロークとダブルストロークを使ったマルチャを前回と前々回で習得してきましたが、どちらも8分音符で全て埋められたものでした。今回は叩かない音符のあるマルチャです。
まず最初は、4拍目の裏に左手のアクセントを入れて1拍目の右手を叩かないというフレーズです。いわゆるロックやジャズでもよく使われるオーソドックスなシンコペーションの代表的なフレーズです。続きを読む →

ダブルストローク マルチャ!!

今回は、ダブルストローク(二つ打ち)を使ったマルチャのパターンです。打楽器の奏法で、左右交互に打つことをシングルストロークというのに対し、右右左左と二つずつ打つことをダブルストロークと言います。
このダブルストロークを使って演奏する部分は、マルチャ前半の4つで、後半の4つはシングルストロークで演奏します。
それでは、実際に演奏してみます。続きを読む →