スイング出来てる?

水無月になりました。ムラータが「今日は三条月餅屋さんの水無月にする?仙太郎さんにする?それとも…」と毎日ソワソワ🎶しています。ちなみに三条月餅屋さんはこの6月1ヶ月間のみ「黒糖水無月」を作られます。(白と抹茶は一年中食べられます❣️✨)

それはさておき、せっかくアドリブが出来る様になってきたのに「何か違う…。」と思ったり「何か違うんだよね〜。」と言われて落ち込んじゃったり…。と言う事は無いでしょうか。お気持ちお察しします😭

その「何か」とは、何でしょうか。私が推測するに、殆どは「アーティキュレーション」です。おそらく表拍(ダウンビート)から裏拍(アップビート)にスラーをかけて演奏しておられると思います。

次の楽譜をスイングのリズムで(跳ねて)演奏してみて下さい。

どの様なタンギングで演奏されたでしょうか。「え?どこでタンギングしたかわからないよ!」と言う方もおられる事と思います。

そのタンギングの位置、意識して練習して欲しいんです❣️😉

どの位置かと申しますと、次に示す楽譜の様に裏拍(アップビート)から表拍(ダウンビート)にかけてスラーをかけて下さい。すなわち、裏拍でタンギングをする事になります。

表拍からフレーズがある時は2回タンギングをする事になります。

これね、慣れるまではなかなかスムーズに出来ないんですよ。でも、何度も繰り返して身に付いてくるとスイングしてきますよ🤗✨(4小節目は例外で、音が高い音から下方へ跳躍する時は高い方からスラーがかかります。その際裏拍は「飲む音」と言って殆ど聞こえないかのような演奏になります。)

練習される際にお気を付けて頂きたい事があります。それは、「スラーの終わり(一拍目以降の表拍)と次のタンギング(裏拍からのスラーの始まり)の隙間を開けない。」と言う事です。

文章にするとわかりにくいですが、要は音と音との隙間を空けすぎないと言う事です。

空けてしまうとスイングではなく「ッタラッタラッタラッタうっさぎのダンス〜。」になります。(随分前に大学生にこの歌で説明したら「何すかそれ。」と言われました😭💦

とにかく、スイングではなくスキップになっちゃうよ〜👯‍♀️と言う事です。

梅雨は絶好の「練習篭り」シーズンです!夏に向けてこのアーティキュレーションを是非身につけて楽しく演奏して下さい🎷

ちなみにこの記事のトップに載せている水無月と葛桜は桂離宮横の「中村軒」のものです😋

オールキィ練習法続き

オールキィの練習方法についての続きです。今はオールキィのスケール練習について何回かに分けて説明しております。

おさらいですが、そもそもオールキィとは?についてのご説明はこちら

そしてオールキィ初めての練習 Key of C ( C Dur もしくはハ長調)

もうひとつ、二回目の練習 Key of F ( F Dur もしくはヘ長調 )

この3つの記事をご覧頂くとだいたいわかってくると思いますので、今日はちょっと気をつけないといけないポイントをおさえて一気に残り全てをご説明します。続きを読む →

アドリブのメロディ

オールキィシリーズを12個ひとつずつ掲載するとあまりに量が増えるので、この連休中にまとめたものを考えます。

さて、オールキィやコードについて理解が少しずつ深まるとアドリブをする為の「理屈」は解ってきます。全てではなくてもボンヤリでも良いんですよ。 アドリブするための方角が見えて来ます。(今訳ワカラン!でも必ずわかって来ますよ。そうなって頂くために頑張ってわかりやすくアップしていきますね❣️)

理屈はわかってもフレーズがなかなか出て来ないのよねーって…なりますよね。

皆んな最初はそうです。

その為のちょっと面白い練習方法がありますよ😊これ、ちょっと楽しいです。続きを読む →

サックスを始める際の不安や疑問

ムラータミュージックのサクソフォン教室は体験レッスンをしていないのですが、レッスン見学や面談、ご相談を受け付けております。

どの音楽教室、並びに色んなジャンルの習い事は全部そうですが、始める前に何らかの面談なり体験なり始めの第一歩でとにかく出向かないといけませんよね。

でも、知らない所にいきなり行くのって…ちょっと不安があったり、知らない事始めるのにどんな質問して良いのかなわからない…なんて思いますよね。

そのお気持ち、わかります😣私もそうです。

なので、皆さま疑問に思われそうな事、または知っておくと安心な事をいくつか述べてみますね。 ご参考になれば幸いです😊続きを読む →

オールキィ練習法 F

少し間が空いてしまいましたが、オールキィ練習法の続きを説明します。

前回のオールキィ練習法ブログではKey of C (ハ長調、またはC Dur )について説明しました。ポイントをもう一度申し上げると、必ずその楽器で演奏できる一番低い音から始めると言う事です。従ってサックスの場合は常に低音テーブルキィを抑えた「シ」の音から吹く事になります。 なので前回のCのキィはロクリアンスケールのようになります。(各スケールの名前と意味についてはまた今度詳しくアップしますね。今は音階のニックネームのようなものと思っておいてください。)

では、今回練習するFのスケールを見ていきましょう。続きを読む →

ムラータミュージック新年会

毎年2月の日曜日、「新年会」と言う名目で楽しいライブパーティを開催しております。

ホームページトピックスにも掲載しております。

サックスアンサンブルとパーカッションアンサンブルを合わせてバンド形式で演奏しながら、美味しいランチコースと楽しいおしゃべり❣️ 毎年本当に楽しいんですよ〜🤗✨

私が1番楽しんでいるかもしれません。だってこの日の為に曲をワクワクとアレンジして、準備しておりますもの🥰続きを読む →

オールキィ練習方法

前回のブログでお伝えしたアドリブへの第一歩(大一歩でもいいですねkira01.gif)オールキィの具体的な練習方法に入っていきたいと思います。

それにはまず前回ブログに記載致しましたキィの順番を少しずつ覚えて下さいね。

一気に覚えてしまわなくても大丈夫です。これから練習していくに伴って必ず身についてきますよ!

まず、スケールから練習していきましょう。今日は Key of C (ハ長調・C Dur)です。続きを読む →

アドリブをしてみたいけど・・・

サックスのレッスンを受けて何年かたつと、「セッション行ってみたいなぁ。」とか、「アドリブしたいんだけど、何からどう勉強したらいいんだろう。」とか、「なんか適当に吹いてしまってるけど、もっとカッコよくならないかなぁ。」なんて思われるのではないでしょうか。

そう思い始められたということは、かなり上達されたんですね。素晴らしい!

「いったい何からどう手をつけたらいいの?」と思っておられる方のために、今日はとりあえず取り組んで頂きたい練習をご提案します。続きを読む →