BGMマニア

真冬でもアイスクリーム食べる人ー!! ハイ、私は一年中ジェラートラバーズです。

これは京都西院にあるカフェラッテと言うお店で、イタリア人ジェラートマスターのエディさんが奥様と二人で作っておられる超美味しいジェラート店です。

こちらのお店はイタリアのラジオがBGMで流れていました。

ワタクシBGMマニアです。お店に入ると「これは有線放送の○○チャンネルかな?」とか「お、○○のアルバムだな。ニヤリ。」とか耳をそば立ててとても楽しみに聞いています。

大体夏になるとボサノバのチャンネルが多かったり、年中を通してジャズのバラードは大多数のお店で採用されており、どこに言っても無難なジャズ(言い方が悪いですが・・・。)が流れている事が多いのですが・・・・。最近ちょっとずつ変わって来たような気がします。続きを読む →

チャーリー・パーカーのススメ:Confirmation 1

突然ですが、カレーはお好きですか?

私は特にインドカレー(南インドのターリーと言う種類の)が大好きです❤️。木屋町通り御池上ルにムガールと言うお店が大好きで贔屓にしています。先日は京都カレーラバーズの間で話題になっている「フルターリー」と言うのを食べてきました。

4種類のカレーに、タンドリープラウン、フィッシュティッカ、チキンティッカ、グリーンチャツネ、スープ、ヨーグルト、デザート、そしてなんと!ナンとバスマティスライスがついています。全部たいらげました。ご安心下さい😁

カレーはさておき、カレー色の素晴らしい本・・・・ご存知ですか?これですよこれ、アルトサックスプレイヤーにはもはや神楽譜!Charlie Parker Omnibook!続きを読む →

楽典のススメ:10 キィの関係性その2

先日「エルマー・ガントリー」と言う映画を観たのですが、とても面白かったです。宗教団体の利害について揶揄しているような面もある(多々ある)のですが、娯楽映画に仕上がっていました。 主役のガントリーは最低な男だけど、人間味があってなんだか憎めない魅力的な人物で、それをバート・ランカスターが見事に好演していました。本当に魅力的で、最後まで惹きつけられました。途中出てくる娼婦役のルルを演じたシャーリー・ジョーンズが子供の頃持っていたリカちゃん人形そっくり👸で超絶可愛かったです。 いや〜、映画って本当に本当にいいもんですね。👓

それはさておき・・・・前回の楽典では近親調の平行調と同主調について説明しました。この二つは必ず長調(メジャー)と短調(マイナー)のペアになります。続きを読む →

アドリブレッスンにオススメのテキスト

ワタクシ、うどんラバーズです。まだ讃岐デビューしてません…😭でもスタジオ近くに「讃式」と言う美味しいお店を見つけて喜んでおります。

またやってしまった糖質無制限😱💦しかも「糖質と油を一緒に取ると……、お、美味しいんです。」とか言っている場合では…🐷😅

それはさておき、ムラータミュージックではこちらで楽譜のお取り扱いを始めました。

私とムラータがマニアックに選び抜いた楽譜のみを取り扱うと言う偏見に満ちた内容ですが・・・😎😎😎😉

本日はそんな中から一冊、最近レッスンで皆様にお勧めしようと思っているものをご紹介します。続きを読む →

楽典のススメ:9キィの関係性(近親調)

当ブログでは何度も「オールキィ」の重要性を強調しています。

全てのキィ(メジャー、マイナーそれぞれ12 key で良いと思います。)の調号を頭に入れておくだけで理論への理解は本当にスムーズにすすみます。この点に関してはレッスンでも何度も申し上げております。

たいていの曲はいくつかの転調を繰り返します。それはクラシックでもポピュラーでも同じです。クラシックでは大きな転調は途中で調号が変わりわかりやすい場合もあるのですが、ジャズの曲では細かく(時には3小節と5小節というサイクルで)転調していて、その際調号は用いられてる事はありません。続きを読む →

楽典のススメ8 スケールとコード

善哉の美味しい季節になりました。ところで善哉に入れるのは「白玉」と「お餅」どちらがお好きですか? 私は断然お餅派です😋

大極殿茶寮の栖園の「琥珀流しとミニ善哉」今月は「こしあん蜜」か「栗餡蜜」2種類のお味です! 芸術の秋、勉強や練習前に美味しいモノで英気を養ってください😋😋😋

それはさておき、今回はスケール(音階)とコード(和音)について説明します。

まずその前に重要なのは All key (全ての調)になります。ピアノの鍵盤を見てわかる通り、一オクターブ内に12の音が存在します。続きを読む →

五線譜

五線譜や、五線グッズがとても好きです🎼

よく海外の旅行先から「お土産なにがいい?」と連絡をもらった時に「五線譜。」と言いたいのですが、わざわざ楽器店や楽譜書店に行ってもらうのも悪いしなぁ・・と思い言わないのですが、空港のお土産売り場に五線譜置いてくれませんかねぇ。

今までで一番珍しい五線譜はロシア製のものでした。これは生徒さんが京都のロシア雑貨店で見つけて買って来てくれたのですが、小さいサイズで綴じ目は糸で縫ってあり、五線のラインも少しヨロケていたりして手作り感のある愛らしいものでした。表紙も赤くてとても可愛らしいものでした。続きを読む →

楽典のススメ7

ようやく梅雨明けになりましたね。かんかん照りの太陽を久しぶりに見るととても嬉しいです。

2日連続で西院のジェラテリア「カフェラッテ」さんに行ってしまいました。夏のひんやりスイーツって楽しいですよね〜!!(いや、秋も冬も春も楽しいけど・・・。)

楽典の音程も今回でラストとなりました。最後は「7度」です。

7度は短「7度」か「長7度」かがとても重要です。それは「ドミナントセブン」か「メジャーセブン」かと言う事になります。続きを読む →

サックスの湿気対策

今年の夏は梅雨が長過ぎて雨量も多く湿気が凄いです。

サックスを吹いているとG#キィやC#キィがくっついてしまっていて音が変わらなかったり、Bisキィがペタペタして反応が鈍くなったり…。

この様な事は木管楽器なら当たり前なのですが、今年は特に気を付けた方が良いと思います。

カビが発生すると大変です。管楽器奏者のカビによる肺炎は世界中で割と報告されていて、「管楽器 カビ 肺炎」で検索すると結構記事が出て来ます。

怖がる必要はありません、お手入れしたら良いのですから(^^)

今からでも遅くないので、お手持ちの楽器をお手入れしましょう!続きを読む →