オールキィ練習のエクササイズ 1

今回はオールキィ練習のエクササイズを説明します。

ちなみに今年のかき氷はやはり大極殿本店栖園の宇治金にしようかなと思い始めました。でも・・・悩みますheart01.gif

それはそうと、オールキィの練習エクササイズその一です。今までの説明のスケール練習方法1はこちら。その2はこちら。残りのキィの注意はこちら。ご参考になれば。

まず、12種類のスケール全てさらっていただきましたでしょうか?これはスラスラと演奏出来なくてもかまいません。「え〜っと・・・icon_rolleyes.gif」と考えながらでも、自分が何のキィを演奏していて、それはどんな調号がついているのかを理解していただきたいのです。

たとえば Key of Ab のスケールを吹いている場合「シ・ミ・ラ・レにフラットがついて、最後は主音のラのフラットで終わればいいんだな!」と思いながら演奏できていればもうバッチリですgood.gifnote.gif

では、具体的なエクササイズに入っていきましょう。notes.gif

3度練習です。まずは Key of C の場合。

 

何度も申し上げますが、その楽器の音域全てを使って練習するので、サックスの場合下のシ(バリサクの方はラから練習して下さいね。🤗)から上のファまで金管の方は「ココからココまでなら頑張れる❣️」と言う範囲内で練習して下さい。

最後は必ずそのキィのルート(主音)を吹きます。最後の音になった時に「あれ?今何のキィだっけ…😱」となってしまった時はちょっとブレイク☕️してやり直しましょう。集中してると疲れちゃいますよね😅。

このシリーズの記事をずっとご覧頂いている方は、もう他のキィについてもおわかりとは思いますが、念のため…Key of Fも楽譜を載せておきますね🤗

3度練習 key of F

この後続いて練習する順番はもうおわかりでしょうか。練習の順番は、

C→F→Bb→Eb→Ab→Db→F#→B→E→A→D→G

となります。ただし、スケールと同じでDb は最高音の折り返し地点が増えます。理由は階名で言うところのソのフラットが出てくるからです。従って、上に掲載した楽譜の2段目の1小節目の音が増えます。

階名で説明すると、折り返し地点がレb ファ ミb ソb ファ レb ミb ドという配列になります。

当然ながら、F#  B  キィは低音の開始音が増えます。ラ#からの演奏となるんですね。

今まで説明差し上げたスケールと3度練習がオールキィで何も見ずに演奏できるようになったらこれから先のアドリブ練習は本当にラクになります。🎶

急がば回れ🧗🏻‍♂️ ここを踏ん張ってしっかり理解してください!!この先楽しいですよ〜!!本当に!!

音を文章にするのが難しいのでややこしい感じの内容になってしまいましたが、実際音を出してみるとよくわかります。「わからん!」と言う方はまたご質問くださいませ。😌

このブログはコメント欄がありませんので、HPの申し込み欄に「ブログ質問」と書いていただくか、匿名にしたい方は無記名でスタジオポストに投函して頂いても結構ですよ〜。ブログにてわかりやすくご回答差し上げたいので、どういう点がわからないか教えていただくと、私もとても参考になります。

梅雨で外出が億劫になるこの季節!がっつり練習しちゃいましょう❣️しちゃいましょう❣️。 ところで、皆様夏のかき氷🍧はどちらで召し上がるご予定ですか?

てっとりばやく上達する方法って?

いろんなお店でかき氷が始まっていますsign03.gif今年はどこのかき氷を食べようか今から悩んでいます。間違いのない栖園(大極殿本店)か、桂離宮横の中村軒か、出町の「みつばち」か・・・・どこかオススメがあれば是非教えてください!

写真は去年食べた然花抄院 京都室町本店の宇治金です。でかかった・・。

それはさておき・・・

時々生徒さんから「効率よく上達する練習方法ないですかねぇ。」とか、「なんか手っ取り早くうまくなる方法ないですか?」と聞かれる事があります。

なるほど!

実はこの質問、目からウロコでした。続きを読む →

スイング出来てる?

水無月になりました。ムラータが「今日は三条月餅屋さんの水無月にする?仙太郎さんにする?それとも…」と毎日ソワソワ🎶しています。ちなみに三条月餅屋さんはこの6月1ヶ月間のみ「黒糖水無月」を作られます。(白と抹茶は一年中食べられます❣️✨)

それはさておき、せっかくアドリブが出来る様になってきたのに「何か違う…。」と思ったり「何か違うんだよね〜。」と言われて落ち込んじゃったり…。と言う事は無いでしょうか。お気持ちお察しします😭

その「何か」とは、何でしょうか。私が推測するに、殆どは「アーティキュレーション」です。おそらく表拍(ダウンビート)から裏拍(アップビート)にスラーをかけて演奏しておられると思います。続きを読む →

オールキィ練習法続き

オールキィの練習方法についての続きです。今はオールキィのスケール練習について何回かに分けて説明しております。

おさらいですが、そもそもオールキィとは?についてのご説明はこちら

そしてオールキィ初めての練習 Key of C ( C Dur もしくはハ長調)

もうひとつ、二回目の練習 Key of F ( F Dur もしくはヘ長調 )

この3つの記事をご覧頂くとだいたいわかってくると思いますので、今日はちょっと気をつけないといけないポイントをおさえて一気に残り全てをご説明します。続きを読む →

アドリブのメロディ

オールキィシリーズを12個ひとつずつ掲載するとあまりに量が増えるので、この連休中にまとめたものを考えます。

さて、オールキィやコードについて理解が少しずつ深まるとアドリブをする為の「理屈」は解ってきます。全てではなくてもボンヤリでも良いんですよ。 アドリブするための方角が見えて来ます。(今訳ワカラン!でも必ずわかって来ますよ。そうなって頂くために頑張ってわかりやすくアップしていきますね❣️)

理屈はわかってもフレーズがなかなか出て来ないのよねーって…なりますよね。

皆んな最初はそうです。

その為のちょっと面白い練習方法がありますよ😊これ、ちょっと楽しいです。続きを読む →

サックスを始める際の不安や疑問

ムラータミュージックのサクソフォン教室は体験レッスンをしていないのですが、レッスン見学や面談、ご相談を受け付けております。

どの音楽教室、並びに色んなジャンルの習い事は全部そうですが、始める前に何らかの面談なり体験なり始めの第一歩でとにかく出向かないといけませんよね。

でも、知らない所にいきなり行くのって…ちょっと不安があったり、知らない事始めるのにどんな質問して良いのかなわからない…なんて思いますよね。

そのお気持ち、わかります😣私もそうです。

なので、皆さま疑問に思われそうな事、または知っておくと安心な事をいくつか述べてみますね。 ご参考になれば幸いです😊続きを読む →

オールキィ練習法 F

少し間が空いてしまいましたが、オールキィ練習法の続きを説明します。

前回のオールキィ練習法ブログではKey of C (ハ長調、またはC Dur )について説明しました。ポイントをもう一度申し上げると、必ずその楽器で演奏できる一番低い音から始めると言う事です。従ってサックスの場合は常に低音テーブルキィを抑えた「シ」の音から吹く事になります。 なので前回のCのキィはロクリアンスケールのようになります。(各スケールの名前と意味についてはまた今度詳しくアップしますね。今は音階のニックネームのようなものと思っておいてください。)

では、今回練習するFのスケールを見ていきましょう。続きを読む →

ムラータミュージック新年会

毎年2月の日曜日、「新年会」と言う名目で楽しいライブパーティを開催しております。

ホームページトピックスにも掲載しております。

サックスアンサンブルとパーカッションアンサンブルを合わせてバンド形式で演奏しながら、美味しいランチコースと楽しいおしゃべり❣️ 毎年本当に楽しいんですよ〜🤗✨

私が1番楽しんでいるかもしれません。だってこの日の為に曲をワクワクとアレンジして、準備しておりますもの🥰続きを読む →