安い楽器ってどうなの?問題

「心機一転!何か楽器をマスターしてみようかな❣️」と奮い立った次の瞬間のしかかってくるのが「それには楽器を買わないと・・・。そもそも相場って・・・、ってどこで買うのよ・・、高いんじゃないの・・?」と次から次へと疑問と不安が襲いかかってくるのではないでしょうか。

当ブログではこの問題について何度が私からの提案を述べています。

過去記事より「サックスの選び方」「サックスを始める際の不安や疑問」(この記事にサックス教室は体験レッスンを行なっていないとありますが、現在は新しいスタジオにて体験レッスンを行なっております。ご相談ください。)

今回は「安い楽器ってあまり良くないのかなぁ・・。」と言う不安についてご案内します。

早速ですが、私が2014年に6万円で購入した中古のヤマハを吹いてみます。お聞きください。

曲はチャップリンのライムライトよりテリーのテーマです。

結果から言うと「じゅうぶん使える!」と言う事です。この楽器をどのようにして手に入れたかと言うと、

・まず京都の寺町三条にある十字屋アペックスと言う楽器店に「使える中古のアルトサックス5~6万円で入ったら連絡ください。」とお願いしました。

・2ヶ月くらいで「入りました。調整、修理も済みました。」とご連絡をいただき、実際にお店で試奏して購入。

と言う流れです。この楽器店はサックス演奏出来るスタッフがおられるのでまだ楽器の吹けない方は代わりに目の前で吹いてもらって確認も出来るそうです。(楽器店に直談判するのが億劫な方、代わりに私電話しますのでお気軽にご相談ください。)

6万円だとボロボロなのでは・・?いえいえ、ピッカピカですよ〜!!ご覧ください。

お子さんが吹奏楽部に入ったけど、今後続けるかわからない方や初めてだからとりあえず安い金額で購入したいとお考えの方はまずこの辺のモデルから手に入れてみてはいかがでしょうか。

仮に6万円で手にしてもその後何十年も寄り添って一緒に上達する相棒になりますよ。それはプライスレスな宝物だと思います

村田 紅
大阪音楽大学卒業後ミ・ベモルサクソフォンアンサンブルメンバーとしてヨーロッパ諸国やアメリカカーネギーホールやタイ王室、中国などでのクラシック音楽の演奏を経てジャズ、ラテン、現代音楽とジャンルにとらわれない演奏スタイルを確立。 音楽理論、ソルフェージュのレッスンも行っている。