ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.134 ヴィティスメン/コンガワークショップQ&A続編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.134 ヴィティスメン/コンガワークショップQ&A続編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。
祇園祭が終わり、京都もいよいよ夏本番です。夏と言えば、ラテン、ブラジリアン、アフリカンなど、パーカッションが活躍する季節です。パーカッションを始める絶好のタイミングです。チャレンジしてみてはいかがですか?

さて、前回のコンガワークショップQ&Aコーナーの内容はご覧頂けたでしょうか?
コンガ発祥地キューバのミュージシャンと私たち日本人とでは、基本となる音符の数え方から違うということが分かりました。ラテンミュージックをより忠実に演奏するには、楽器の奏法の習得はもちろん必須ですが、クラーベをより深く理解することが重要なポイントのようです。

ラテン系ドラマーは、複雑なリズムパターンやドラムソロを演奏しながら、左足でクラーベを踏んでいることがよくあります。先日のワークショップでヴィティスメンも、左手でクラーベを叩き、右手だけですばらしいティンバレスソロを披露してくれました。クラーベを基準にリズムを感じていないとできない芸当です。

今回はクラーベについて、もうひとつ興味深い内容がありましたので紹介します。

オラ・ケ・ボラ134

一般的にクラーベはカナ譜例のように、3-2クラーベ、2-3クラーベに分けられていますが、キューバのミュージシャンにはその区別はありません。クラーベに対して演奏を始める場所は曲によって違ったとしても、ニワトリとタマゴじゃないですが、どちらが先という考え方はなく、右足の次は左足というように、ただ交互に繰り返されるという意識だけのようです。ヴィティスメンは胸を叩きながら、クラーベを感じて持っていることが良いミュージシャンの条件だと言っていました。
少しはクラーベの謎が解けたでしょうか?

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2007/07/26掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒604-8272
京都府京都市中京区
釜座通三条上る突抜町793
MAVIXビル 1F

入会申し込み・お問い合わせはこちら