ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.87 3連符を使ったショートフィル「もうひと捻り」前編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.87 3連符を使ったショートフィル「もうひと捻り」前編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。キューバ No.1バンド“LOS VAN VAN”が、今月10日より15年ぶりとなる来日公演をしています。キューバ国内でもライヴを見ることが難しいぐらいの超人気バンド“LOS VAN VAN”は「ソンゴ」を生んだバンドとしても有名です。めったにお目にかかれないキューバンスタイルのド迫力ドラムをお見逃しなく!

7月23日レッスン22日目 前編
このところ毎日のように、日本の夕立に似たスコールが降り続いています。傘をほとんど使わないCUBANO(キューバ人)は、気にせず濡れて行くか、止むのをずっと待っていたりしますが、さすがに激しく降るスコールを平気で歩く人はなく、軒下は雨宿りのCUBANOでごった返します。警官、看護婦、学生、無職の若者など職業は様々ですが、初対面にもかかわらず信じられないほど話が盛り上がっています。さすが、LATINO!

さて、今日のレッスンは、7月19日のレッスンで習得した3連符を使ったショートフィル、カナ譜例 1をもうひと捻りした内容となりました。例によって、カナ譜例をご覧ください。

カナ譜例 1
ドカド・カ ド ・ン カ ・ン ド ・

カナ譜例 2
ドカド・カドカ・ドドド・ドドド・

カナ譜例 3
 ♪  ・    ♪     ♪             ・ ♪            ♪          ♪     ・    
ドカ・ドカドカドカドドドドドド・ドカドカ ド ン カ ン ド・

カナ譜例 2が今回追加された3連符のフレーズです。カナ譜例 1とつながることでカナ譜例 3のようにクラーべとシンクロした絶妙のショートフィルとなります。クラーべ 2サイドの「ドカドカ~」から「ドドドド~」に続いて、再びクラーべ 3サイドの「ドカドカ」と繰り返しクラーべ 3サイドのふたつ目の「ド」の音で解決します。

キューバ音楽はクラーべが音楽の基礎となっています。もちろん、拍の裏、表は重要ですが、キューバ音楽に代表されるラテンミュージックはクラーべを理解して演奏することが最も重要です。

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2005/08/11掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒600-8028
京都市下京区河原町通松原下ル植松町716
シャイニービル小阪 3F

入会申し込み・お問い合わせはこちら