ブルースワークショップ Vol.2 のおさらい

先日6月2日と6月5日に第2回ブルースワークショップを行いました。
今回はその内容をまとめてご案内します。
コードトーンでのアドリブ参考例の楽譜と音源も挙げております。

今回も第1回と同じキィの F Blues でした。
内容は下記の7つの項目になります。

・第3音と第7音のみを使用したアドリブ4小節ずつ(4Bars )
・コードトーンの練習
・コードトーンの順番を入れ替える練習
・コードトーンのみ使用して1コーラス
・各パートに分かれてRiff のアンサンブル
・新しいテーマの練習
・アドリブを2コーラス続けて演奏する

上記の課題をこなして頂き、最後は
テーマ(2コーラス)、アドリブ回し2コーラス(2コーラス目はみんなでリフ)、ラストテーマ(2コーラス)
と言うセッション通りの進行でバッチリ全員で演奏出来ました。
素晴らしい〜💓

コードトーンだけとは言え中々難しい・・・・リズムパターンを思いつかない・・と思われた方もおられるかもしれません。
それは色んなリズムパターンを知らないからです。少しずつ自分の中にパターンの「持ちネタ」が出来てくるとどんどんと演奏出来るようになりますよ!!

では今回も「演奏例」を挙げてみます。使用するのはコードトーンの4音のみです。是非演奏して見て下さいね!

まずは in C ( Piano, Flute, Guitar, etc. )

実際に演奏した音源です。伴奏はiReal pro アプリ、テンポは120bpmです。

楽譜プリントアウト用のpdfもアップします。ダウンロードしてお使い下さい。 

続いて in Bb ( Trumpet, Clarinet, Tenor saxophone )とヘ音記号 ( Trombone, Bass )

ヘ音記号とin Bb は同じ音源になります。

pdf 楽譜のダウンロードです。

アルトサックスの方はこのF Blues in Bb の楽譜をそのままアルトで演奏すると Bb Blues に使用出来ます。

続いて in Eb ( Alto saxophone )

pdf楽譜です。Bb 菅の人はこのアルト用の楽譜をそのまま C Blues でお使い頂けます。

何度も演奏してみると、自然とリズムパターンが身に付きます。慣れてきたら、少し音を変えて見たり・・・と色々とチャレンジして見て下さい。

次回ブルースワークショップの日程は
7月3日(日)14:00 – 15:00 と
7月7日(木) 15:30 – 16:30 の2回です。(どちらの日程も同じ内容です)
ワークショップはどんな楽器の方でもご参加頂けます。お気軽に遊びに来て下さいね😄

内容は Bb Blues です。お楽しみに!

ムラータミュージックのホームページはこちらです。

村田 紅
大阪音楽大学卒業後ミ・ベモルサクソフォンアンサンブルメンバーとしてヨーロッパ諸国やアメリカカーネギーホールやタイ王室、中国などでのクラシック音楽の演奏を経てジャズ、ラテン、現代音楽とジャンルにとらわれない演奏スタイルを確立。 音楽理論、ソルフェージュのレッスンも行っている。