ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.117 5連符のパターン編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.117 5連符のパターン編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。なにかとご不便をお掛け致しましたが、京都店の外壁工事が無事終了いたしました。工事前のレンガ作りの風合いは残しつつ、建物全体の統一感もあり、想像していた以上に満足をしております。照明と外壁がきれいになったので、今度は店内の模様替えを計画中です。乞うご期待!

8月1日レッスン31日目その2
前回の“ヒール&トゥー”奏法はマスター出来ましたでしょうか?前回の練習パターンで最も重要なのは、正確な3連符を演奏することです。そのためのエクササイズとしてお奨めなのが、3連符の始める位置を入れ換えて練習する方法です。
OBS、BSO、SOBの3とおりあります。SOBのパターンはリズムを取るのが難しいですが、諦めずにチャレンジしてくださいね!

さて、それでは今回のモチーフとなるカナ譜例 1の5コの音符を使った2パターンのカナ譜例をご覧ください。3の次は5と、苦手な奇数のフレーズが続きますが、奇数には多彩な表現力があるのでなんとか習得したいものです。

カナ譜例 1
1)タツクタタ
   OBSOO
     RLLRL

2)ドツクタタ
     OBSOO
   RLLRL

前回のフレーズに交互打ちのオープンショット「タ」が2コ加わっています。続いて練習パターンをご紹介しましょう。

カナ譜例 2
タツクタタ・ドツクタタ・タツクタタ・ドツクタタ

苦手な5連符のパターンですが、まずは5連符を無理やり拍に詰め込もうとしないで、均等の速さで正確に20コの音符を演奏することに努めてください。
ドラムへの応用はダブルストロークを使えば可能です。チャレンジしてみてくださいね!

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2006/11/09掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒600-8028
京都市下京区河原町通松原下ル植松町716
シャイニービル小阪 3F

入会申し込み・お問い合わせはこちら