お知らせ

News & Topics

MURATA MUSICの
最新情報をお届けします

ホームページをリニューアルしました!!

2021.09.18

ムラータミュージックは音楽教室として、2009年10月にビジネス街の烏丸御池にほど近い釜座三条のビル1Fガレージの奥にある隠れ家的スタジオで開業し、同時にホームページも初めて開設しました。

それから10年経ち、多くの方々のご縁をいただき、2020年2月より繁華街の四条河原町に近い河原町松原に移転をして営業をすることとなりました。今回はビルの3Fで、パーカッションクラスは河原町通りに面し、サックスクラスは寺町通りに面しています。寺町通りは次の万寿寺通りの手前で河原町通りと1本になりなくなるそんな不思議なエリアです。

もちろん、トレードマークのミュージシャンでアーティストの友人手作りの木製で大きな一枚板の素敵な看板が目印です。ガレージの奥にあった看板は、河原町通りからはっきりと見えるように取り付けました。

移転から早いもので1年が経ちましたが、念願のホームページのリニューアルがようやく出来ました。

☛ https://www.muratamusic.com/

今まで以上により一層音楽を楽しめる場を提供できるムラータミュージックでありたいと頑張っていこうと意氣込んでいます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

ムラータミュージック
村田康夫

 

Instagram投稿しました!! 〜Confirmation 2st.solo〜

2021.03.21

チャーリーパーカーオムニブック1曲目、Confirmation のアドリブ2コーラス目です。

この部分のコツはアドリブ1コーラス目同様F#キィの替え指とBisキィを中指で掴む事、そしてダブルタンギングです。

ダブルタンギングは「トゥクトゥク…」と舌先を歯につけるT発音と舌を上顎につけるK発音を交互にする事によって、普通のタンギングよりスピードを出す事が可能なタンギングです。

金管楽器は必須なのですが、サックスでもマスターしておくととても便利です。(チックコリアのスペインなんかキレッキレで吹けるようになりますよ❣️)

ゆっくりから練習して脱力を心掛けるとマスターしやすいです。
(個人的にはトゥクトゥクと言う発音よりテケテケと言う方がスピードが出る感じで好きなのですが、いかがでしょうか…。)

〜Confirmation 2st.solo〜
Instagram👈(クリックでページへ)で、画像と音声、さらに実演で解説しています。

 

Instagram投稿しました!! 〜ラクールのエチュード1番〜

2021.03.18

 

 

音楽大学や、音大進学を目指すサクソフォンプレイヤーなら避けては通れないのがこのラクールのエチュードです。

 

1番は72bpmで四分音符1拍に4つのビブラートを入れて演奏します。 下顎をコントロール出来るよう回数をきっちり最期までいれてみましょう。(最期の音符は回数を減らしながら遅くしていきます。)

ビブラート回数をコントロール出来ると、ロングトーンだけでも伴奏者にテンポ感を伝える事が出来ます。
バラード演奏の際に非常に役に立ちます。

〜ラクールのエチュード1番〜
Instagram👈(クリックでページへ)で、実演と解説をご覧いただけます。

国はちがえと、祭りはたのし!!

2021.02.03

何度か出演させてもらった梅小路公園で開かれていた「どんといけ!まつり」を主催されてい七実の木保育園の園長先生から、昨年末に京都の保育という新聞のメッセージじゅずつなぎという企画の原稿依頼がありました。

お聞きした時は場違いじゃないかと戸惑いましたが、知らないことを知るわくわく感は大人も子供も一緒!楽しみにしてます!と言って頂き、引き受けることにしました。

本日、新聞が届きましたので紹介させて頂きます。

 

国は違えど、祭りはたのし!!

キューバのラテンパーカッションとジャズでお馴染みのサックスの音楽教室を営んでいます。その教室の仲間と梅小路公園で開催されていた“どんといけ!まつり”に参加させていただき、まつりにちなんで地球のほぼ裏側に位置する中南米の島国キューバのカーニバルで演奏されるコンパルサ(コンガ)というお祭りの音楽を演奏しました。

毎年7月に行われるキューバのカーニバルが大好きで3度現地で体験しました。
カーニバル期間中、街のあちらこちらで毎日前触れもなく遠くの方から鐘や太鼓の音が微かに聞こえてきます。すると子供たちが口々に「コンガが来た!」っとはしゃぎだします。コンガが少しづつ近づいて来ると大人たちまでじっとしていられなくなり、犬は吠え出し辺りは一気に活気付いてきます。そしてコンガが見えてくるとみんな家から出て、コンガのリズムで踊りだします。
コンガは街の人々を取り込み、立ち往生している自動車を尻目に行進を続けます。
小高い丘にたどり着いた時、後ろを振り返ると何百という人々が歌い、踊っている様に感動しました。

最終日には、各地区のチームや子供達のダンスチームが会場を行進します。キューバでは依然として経済封鎖が続き、物が不足しています。当時は筆記用具が不足して困っていると聞いていたので、日本から持って行き小学校に寄付しました。そして学校のご好意で屋上で練習している子供達のダンスチームを特別に見学させていただきました。練習の合間の水分補給が、洗剤の容器に入れた水だったのに驚いたのを忘れません。

また、キューバは世界的に離婚率が高く、知人の姉妹も数年で夫が代ってましたが、離婚した夫も日常的に家に訪れ子供と会い、新しい夫とも家族同様に接しているのにも文化や習慣が違い過ぎて驚かされました。子供達はご近所からはもちろん、大家族のみんなから愛されているのを深く感じました。
経済的に豊かな日本にあって、真の豊かさとは何かを考えさせられました。

コロナ禍にあって思うことは、「前の世界には戻れない」ではなく、「前の世界よりさらに豊かなる世界へ!」
祭りは私たちにとって必要不可欠なものだと思っています。一日も早くみんなでお祭りを楽しめる日が来るといいですね!

リモートレッスン開始!!

2020.09.05

 

ムラータミュージックは、リモートレッスンを始めました

実は、リモートを始めるまでは
「音楽のレッスンなんて対面じゃないと…」
「受けて頂く生徒さんの方は環境的にどうなのか…」
「演奏はLIVE(生演奏)じゃ無いと…」 と言う偏見があったのですが、いざやってみるとこれがナカナカ!
楽しいレッスンなのです^ ^

 

 

トーク用のヘッドセットマイクと楽器演奏用のマイクをミキサーを経由してパソコンとつないで、お話しする声と演奏の音のバランスをとり環境も整えたので、話し声が聞き取りにくいとか、楽器の音が歪むといったいったサウンド面のストレスはなくなりました。

 

 

サックスレッスンでは、対面レッスンの時ように生ピアノ伴奏に合わせて吹いて頂くのは、タイムラグの問題もあり難しいのですが、その代わりにお手本をワンフレーズ演奏してからフォローして吹いてもらって、という進め方でメロディの細かいニュアンスまで丁寧に追求できるレッスンになっています。

 

 

実感としては対面レッスンとはまた違う良さがあり、意外と時間もあっという間に過ぎてしまいます。 したがって、普段の60分レッスンだけではなく90分という枠も新たに設けました。

 

 

ウォーミングアップ用の楽譜やレッスンの楽譜、予習復習用のお手本演奏などは事前にメールやメッセージでのやりとりでお届けしております。(苦手な方は郵送等も対応致します。)

 

「今はコロナで公共交通機関での移動手段が怖い。」という方だけではなく、
「今月は雨が多いから…」
「京都は遠い…」
「家族を置いて出かけるのが不安」
という方もどうぞお気軽にご相談ください。

 

「前の世界には戻れない。新しい生活習慣。」ではなく、
「前の世界にさらにプラスされた便利で新しい世界!」
を手に入れたと喜んでいます。

 

これをチャンスに遠くにお住まいの音楽好きな皆様とも繋がれたらと嬉しく思っています。

 

#bongo  #conga  #timbales  #latin  #percussion #salsa  #son  #パーカッション #ボンゴ #コンガ #ティンバレス #京都  #音楽教室 #ミュージックスクール #サックス #サクソフォン #sax #saxophone   #remote lesson   #リモートレッスン

トップに戻る次へ