バスレフ型ダクト??

スピーカーのお話ではありません。カホンの話です。
しかし、スピーカーとカホン、構造は良く似ています。
まず、どちらも四角い木製の箱!
スピーカーは、コーン紙が振動して音が出るのに対し
カホンは打面の木製の板が振動して音が出る。
どちらも基本構造は同じ!

スピーカーには、バスレフ型というのがあります。
ご存じない方のために、定義はいろいろとあるようですが
ダクトと呼ばれる円形の筒が付いているスピーカーをバスレフ型と呼ぶようです。
何のためにダクトが付いているかには理由があります。
低音が強調されるという効果があるのです!!

昨日、ドラムショップ“アポロ”で衝動買いをしたCAJON PORTは
まさに、バスレフ型スピーカーのダクトでした。

cajonport_1

CAJON PORTを付けるとスピーカー同様に低音が強調されるのだか、どうだか?半信半疑!

cajonport_2

こんな感じで、装着は簡単!もちろん脱着も楽々!

想像以上に低音が出てビックリ!!
エッジを叩いた時の響き線を伴った高音とのコントラストもバツグンでした。
サウンドもタイトになり、輪郭もハッキリします。
ドラムサウンドを再現するには、持って来いのアイテムだと思います。
ロック系のビートを演奏するときに装着したいと思います。
買って良かった!!

cajonport_3

この筒からすごい低音が!!

ただし、さすがにオールマイティーではないですね。
アコースティックな演奏や躍動感あるパーカッシブな演奏には
サウンドがまとまり過ぎて不向きです。
パーカッションとして演奏するときには、外した方が本来の響きが得られるでしょうね。
カホンによっても、効果は様々だろうし、試してみる価値はあると思いますよ!!

※購入の際は、取り付け可能かどうかをお確かめください。

アポロのサイトで、サウンドをアップしていました。
http://www.drumshop-apollo.com/?pid=34948340

ムラータ シンバル作りに挑戦!!

2006年の秋、ドラムプロショップGATEWAY京都店の店長をしていた頃の話です。
日本を代表するドラムメーカーのパール楽器のご招待で、カナダのシンバルメーカーSABIANを訪れました。

シンバルはご存じのように金属で出来ています。金属を丸く板状にしただけでは全然響きません。実際に叩いてみましたが「ゴワ~ン」というだけでした。
響きを良くするためのいくつかある工程のひとつに、ハンマリングという金槌で叩いて金属を鍛える工程があります。
このハンマリングには、機械で規則的に行うマシンハンマーと、オスマン帝国時代から数百年伝わる?昔ながらの職人技のハンドハンマーがあります。
今回は、そのハンドハンマーにチャレンジしました。

CIMG1220

シンバルの下には緩やかにカーブした形状の鉄製の台座があり、
その台座の一点とシンバルが重なっている所を金槌でヒットしないと
金属を鍛えることが出来ません。
平面の板でも難しいのに、シンバル自体がカーブしていて
台座が全く見えないので本当に難しかったです。

CIMG1221

一定の間隔で、中心から外に向けて直線で放射状に打っていきます。
台座とシンバルが重なっている所を真っ直ぐ一本の線になるように
打たなければなりません。
狙った所に打つのは至難の業でした。

CIMG1222 2011.9.12 006

続いて、まだらにならないようにシンバル全体に均一にハンマーを打っていきます。
均等に散らばせて打つのは本当に難しい!!イメージどおりにはいきませ~ん!!
うまくヒットした時は「キーン」良い音がします。
ダメな時は「ベコッ」といいます。
慣れて来たので良い音が出るようになって来たかな…

CIMG1223

裏側も表同様に、むらにならないように均一にハンマーを打っていきます。
慣れないのと普段からハンマーをそうそう打たないので、ちょっと疲れが…

CIMG1224

テンプレートで形状をチェック!!
ハンマーで打った所がへこむと思ったら、
実は打った所が盛り上がって来るから驚きです。
まずまずの仕上がりかな?

CIMG1225 2011.9.12 007

最後の仕上げは中央のカップ部です。 角度が急なのでかなり難しかったです。

CIMG1226 2011.9.12 004

出来ました!!完成!!
見てると簡単そうに見えましたが、難しさに加えて想像以上の重労働でした。
自らのオリジナルハンドハンマーによる満足の1枚!!

CIMG1227

SABIANが誇る名工チャーリー・ブラウン氏との握手。
もう少し若かったら弟子入りしていたよ…

CIMG1194

「ARTISAN」というオールドシンバルに限りなく近いサウンドを追求したシリーズのシンバルを製作中の名工チャーリー・ブラウン氏とスタッフ

2011.9.12 005

オリジナルハンドハンマーシンバルは現在、ハイハットのボトム用として使用しています。
トップは、70年代Azildjianを使用しています。
上下を70年代のAzildjianにするより、立ち上がりが良く、輪郭がハッキリし、
シャープなサウンドになり、とっても気に入っています。自己満足???

10月16日の紅教室発表会2011でも使用する予定ですよ!!

乞うご期待!!

ボンゴヘッド張り替え

先日、ライブの演奏中に手が滑ってカンパナ(カウベル)が、床に置いたボンゴ目掛けて落下しました。
カンパナは無事でしたが、運悪くボンゴはエンブラ(ボンゴの大きい方)のエッジに大きなキズが付いちゃいました。
帰宅後、ヘッドを外してみるとエッジにも少々へこみが…
私もへこみましたが。。。サウンドに影響が出るほどでは無くホッとしました。

エンブラにはLP純正の水牛の薄めのヘッドを交換せずに付けていて、暇が出来たら厚めの牛皮に変えようと思って乳白色の肉厚な牛皮をストックしていました。こんなことでもないと、交換しないんですよね…
ちなみに、マチョ(ボンゴの小さい方)にはREMO NUSKIN(プラスティック製)ヘッドを張っています。

さて、いよいよヘッド交換です。
使用していたヘッドはリムから外して、リング(フレッシュフープ)が付いたまま水を張ったバケツに浸けます。
同時に、新しく張るフラットヘッドも水に浸けて軟らかくします。

2011.5.3 004

リム、リング、シェルに分解した状態です。
(マチョとエンブラは連結部分から外しておくと作業が楽になりまよ)

2011.5.3 005

シェルに軟らかくしたフラットヘッド、リング、リムの順に乗せて、ヘッドをリムの隙間から絞り出して行きます。
ラグの4ヵ所からある程度ヘッドが出てきたら、ボルトで仮止めします。
そして、ペンチ等を使ってヘッドを全て絞り出して行きます。
この作業が、厚いヘッドになると一苦労です。 さらに、ここで出来不出来が決まるので慎重に!!

2011.5.3 006

ヘッドが全て出揃ったら、バランスを取りながら軽くボルトを締めて行きます。
湿っている時は締め過ぎに注意!!
最後に、ハサミでカットすれば出来上がりです。

ヘッドの乾燥には、時間が掛かります。表面が乾いていてもヘッドが重なっている部分は乾くのに時間が掛かります。
厚めのヘッドは、1週間は強く張らない方が良いでしょう。

最後に、コツはリムの高さをどの辺りにするかです。高すぎるとリムが当たって叩き辛いし、低すぎると強く張れなくなります。乾いて張ったらどのくらいになるかを、ヘッドの厚みと張り具合で調整!まずはチャレンジ!!
私は、初めて張った時は山が低すぎてやり直しました(笑

純正には無い、深みのあるサウンドが得られるようになり大満足です!!!!

飲み放題ライブ!!

先週は、台風の影響で楽しみにしていた土曜日の鈴鹿オールナイトと日曜日のエルラティーノ20周年のライブが、残念ながら延期になってしまいました。
甚大な被害をもたらした今回の自転車並の速度の雨台風…
台風の恐ろしさを改めて思い知らされました。

さて、今週末の金曜日は毎月一回のコベント・ガーデンでのライブイベント!!
チャージは¥2000で20:00~24:00まで、なんと飲み放題というから素晴らしい!!

338780_2181007858987_1660668031_2184306_1048169_o

ライブは、21:00頃~23:00まで!サルサ、メレンゲ、クンビア、レゲトンetc.

covent

10月以降は、毎月第4金曜日に行います。
10/24、11/25、12/23

コベント・ガーデンでのセンサシオナル9周年ライブの模様

是非、遊びに来てくださいね!
お待ちしていま~す!!!

スーツがツール?!

本日、ネット通販で購入したスーツケースが届きました。
残念ながら、旅行に行くからではありません。
楽器を収納して移動するためです。
という訳で、購入したスーツケースは、ツールケースとなるのです。

ネットでの寸法は、入れたいと思っているボンゴが余裕で入るサイズでしたが…
届いた時のダンボール箱の大きさを見て、唖然!!
ちょっと無理だったかなぁ…と思いつつ
サイズ変更をお願いすることも考え、丁寧に丁寧に箱から出してみました。

2011.9.4 006

超軽量で、値段からは想像出来ないくらいに丈夫で高級感?も感じられます。

2011.9.4 007 2011.9.4 014

持ち手もしっかりしていました!!       ナンバーロックも付いています!!

2011.9.4 008

いよいよ!!このボンゴが収納できるのか?出来ないのか?チャレンジ!!!!

2011.9.4 010

開けて見るとシンプルな構造で、意外と広々!!

2011.9.4 011

ケースの中には余裕で入りました。良かった!
固定も出来て、バッチリ!!

2011.9.4 012

問題はふたをして、チャックがちゃんと閉まるかどうか…?

2011.9.4 013

ウォー!!!!
閉まった!閉まった!
良かった~!!

2011.9.4 017

それでは、いつも持って行く楽器類を収納してみましょう!!
ボンゴ、カンパナ(カウベル)、グィラ(メタルグィロ)、譜面台、そして楽譜。

2011.9.4 019

入りました!!
もちろん、ふたもOK!!

2011.9.4 018

実際に運搬するときは、全てソフトケース(袋?)に入れています。
衣装も入りそうだ~!!嬉し~い!!

楽器用のキャスター付きハードケースは高額で手が出ないし…(元々、ボンゴ用は無いかも?)
ケースに入れてキャリーで運ぶのも、ひとつにまとめられなかったり、ケースをキャリーに縛ったりと不便でした。
これからは、ツールケースで楽器運搬が快適になりそうです。
な、なんと!今回買ったケースは国内線・国際線の機内持ち込み対応のサイズです。
大切な楽器を預けることなく持ち込めるのはうれしいですね!!
キューバに行った時は、ソフトケースでボンゴを持って行ったので重くて移動が辛かった経験があります。

さらに、ケースの値段はソフトケース並みの超激安価格!!(価格でかなり迷ったピンクはさらに安かったですよ!)

今週金曜日のコベントガーデンのライブで早速使ってみたいと思います!!

【今回購入したスーツケースの詳細】
[エミネント]
ジャストキャビン TSAジッパーロックスーツケース
75-23021 (ブラック)
¥4672(税込み)送料無料

エル・ラティーノ20周年記念イベント

台風の影響により,延期となりました。

9月4日(日)はありません。

開催日は決定次第お伝えします。

キューバ音楽ソンのライブを時々させて頂いているとっても美味しいメキシコ料理のお店 エル・ラティーノの20周年記念イベントが開催されます。

イベントの打ち合わせを兼ねて、先日おいしいメキシコ料理を頂きにエル・ラティーノに家族で行ってきました。
2011.8.31 013

左から、マスターの川端さん、おふくろ、ムラータ
実は、おふくろがお気に入りで、家族で毎月伺っています。
そんな、温か~いお店なんですよ!!

SON ROSADOにて、15:30頃クレナイ&ムラータが出演します。

el_latino

エル・ラティーノ20周年記念イベント『秋一番!』

2011年9月4日(日) 雨天決行

会場:京都祇園・円山公園音楽堂
時間:12:00開場/12:30開始/19:00終演予定
前売:¥3,000 当日/¥3,500(売り上げの一部を東日本大震災の復興支援のための義援金をして寄付させて頂きます)

【チケット販売】
EL LATINO 075-751-0647
Rプランニング 075-752-3118
LAWSONチケット(Lコード:57549)

【参加ミュージシャン】
天野SHO、KAJA、あがた森魚、茶木みやこ、あらい舞、秋人、北村謙、靴ピカ、西野やすし、田中晴之、山田晴三、石井完治、ゴトウゆうぞうとワニクマ、鈴木君代&天白真央、elements、KING JOW&HIROKO、SON D ASERE、ISAURO&TYIMA、SON ROSADO、中川五郎、種子島無鉄砲’S、FRIDGE、OWL、福井ひでひこ、こじまいづみ(花*花)、SANISAI …and more

【ど真ん中プロレス】
泉州 力、グラン浜田、角 秀輝、内田洋一、ディアブロ、黒影、カブキキッド、田中祐樹、ダイナ御堂 …and more

■お問い合わせ EL LATINO tel.075-751-0647

ORQUESTA SENSACIONAL 11周年記念日パーティー

先日、8月27日(土)に大阪のBOXXにて、オルケスタ・センサシオナル11周年記念日パーティーが行われました。

293199_10150357001267040_690442039_10183373_2597082_n

開演前の予想をはるかに上回る、中盤で既に入場者数350名!!!!!
ご来店ありがとうございました!!

317473_10150357001687040_690442039_10183380_7682532_n

ゲストのダンサーやミュージシャンの方々に多数ご参加頂き、大盛況となりました。

318305_10150357003662040_690442039_10183414_4224422_n 311788_10150357001052040_690442039_10183368_487520_n

リーダーでヴォーカル担当のウーゴさんはペルー出身、もう一人のヴォーカルはベネズエラのイネスさん、
コーラスはキューバのイバンさん、サックス&ヴォーカルはクレナイ、なんとフロントの4人はみんな国籍が違います。
他のメンバーにも、トロンボーンにプエルトリコ出身のペドロさん、
コンガはキューバのご存じビティーさんとインターナショナルなバンドです。

午後8:00のオープンから翌朝5:00という過酷なスケジュールでしたが、楽しい時間は「あっ」と言う間に過ぎ去っていきました。
楽しい時間を、ありがとうございました。

今週末は、鈴鹿でオールナイト!!
頑張らないと!!

カスタネット

その名は、マシン・カスタネット!!
マシン
って、Machine???
めっちゃ正確!! はたまた、めっちゃ高速!! で打てるんだろうか…??

DANMARというアメリカの製品なので、DANMARのサイトを見てみることに、
16B Castanet Instrument Stand model」とあり、Machineという文字、見当たりません…
輸入元のサイトを確認。「マシン・カスタネット」と書いてある!!
輸入元が名付けたのか?! 謎は深まる。。。

2011.8.25 002
DANMAR DM-16B マシン・カスタネット

気になるサウンドはというと、高音で歯切れは良いが、かなり軽いサウンド。
なぜなら、その素材が合成樹脂だから。ちなみに、マウントしている台はウッド。
木製のカスタネットに慣れている方にはちょっと安っぽく聞こえてしまうかな?
でも、これだけ聞いていると、誰が聞いてもカスタネットと言うに違いないサウンド!

2011.8.25 005

しかしながら、利点もあります。樹脂だからそうそう割れることがないし、
マウント込みで1万円程度で買えるところも魅力!
ウッドならハンドタイプでも2~3万円する物もざらですからね。

メーカーに是非とも改良して頂きたいところが2箇所あります。

sp
スプリングを調整するためのネジがひとつしか付いていないため、
調整が出来ても固定できないため演奏中に緩んできました。
固定用のネジを上部に付けて頂きたい。
明日にでもホームセンターに合うネジを探しに行こうと思っています。

sta
一般的なパーカッションバー(径9.5mm)に対応していません。
シンバルスタンド等の太い径のみに対応しています。
配置がスタンドの立っている場所に限られてしまうのが残念です。

総評
フラメンコ等のカスタネットが重要となる演奏には音色が気になりますが、
充分満足できるサウンドです。
演奏上での操作性についても、ストレスなく演奏出来ました。
安定性も問題なし。
作りも丈夫で、価格的にも良いと思います。

総合結果 ★★★★☆ 星四つ!!!!

器用な方なら自作してみても良いと思います。ただし、買った方が安いということも…

ウッドに付け替え改造も現在検討中!!!

パーカッションクラス懇親会「野外編」

生徒さんの提案で今回の懇親会は、生徒さんの別荘がある滋賀県のマキノで行うことになりました。
雨が降ったり、止んだりのあいにくの天気ではありましたが、涼しかったのでBBQにはかえって好都合でした。

2011.8.21 015 2011.8.21 009

火をおこす顔にも笑みが!                          準備が整ったところで、まずはSalud(乾杯)!!

ビール片手にBBQの後は、待ってましたルンバセッション!!

2011.8.21 031

ルンバ・ワワンコー、ルンバ・コルンビア、ベンベー、ソンを全員で演奏!

2011.8.21 024 2011.8.21 047

手作りのとっても素敵なログハウス!              部屋には暖炉や囲炉裏もあります。アッチッチ!!!

2011.8.21 053

大自然に囲まれたすばらしい環境で、飲んで食べて叩いての楽しい一日でした。

次回は、いつもの懇親会を11月に予定しています。
楽しみ~!!!

ツリーチャイムオリジナルケース

ツリーチャイムを買った時のダンボール箱で持ち運びしていました。
かさばるし、ふたはちゃんと出来ないし、ダンボールももう限界…

なにか良いケースはないかと考えていたところに、目に入って来たのがはかなくなったGパン。
これはいけそうということで、クレナイに縫製をお願いすることに!

2011.8.19 011

ポケットをそのままふたに活かしたなかなかのデザインじゃないかと我ながら大満足!!
しかも、再利用で製作費は、0円!!

2011.8.19 012

Gパンケースはスタンドケースとしてもいけるかも…?!