ラテンジャムセッション ~かかってコンガ!?~ リポート

念願でもあったラテンジャムセッションを、1月17日多くの出演者であるお客様に来て頂き盛大に行いました。お客様と言ってもほとんどが生徒のの方々でしたが…
内輪でのセッションや発表会は行っていますが、今回のように一般の方も参加できる公開セッションで、しかも老舗ライブハウス“RAG”のステージということで皆さんの気合は最高潮でした。

IMG_1103

サックスチームとパーカッショングループとの共演

IMG_1105

ルンバ系の6/8のリズムでアフロブルーを演奏

IMG_1107

友人のベーシストも駆けつけてくれました!

「緊張で何をやっているのか分からなかった!」「めちゃくちゃ楽しかった!」「お酒をいっぱいの飲んだに全く酔えなかった!」などなど。感想も様々でしたが、次はいつ?と皆さん次回を楽しみにしておられる様子で、とても嬉しい気持ちになっています。是非、定期的に開催したいと意気込んでいます。

今回来れなかった方も、次回をお楽しみに!!

村田 康夫(ムラータ)
キューバ音楽を学ぶため、1994年、2001年、2004年と三度に亘りキューバ音楽ソンの発祥地サンティアゴ・デ・クーバに長期滞在し、ラテンパーカッションの奏法を習得する。 また、数多くのミュージシャンとも共演。 サルサ、ラテンジャズ、シャンソンやパーカッションアンサンブル等、ラテン系にとどまらず幅広く音楽活動を行っている。