コンガワークショップ CUBAN VIBE!

京都国際写真祭KYOTOGRAPHIEが、413日より京都を舞台に開催されています。

2019年のテーマはVIBE!  目に見えない共振、共鳴を伝えたい。

キューバ文化を語る上で欠かせない音楽

太鼓の響きは、まさにVIBE!

ということで!

 

Victor Sagarraコンガワークショップ

CUBAN VIBE! 

開催します。

わたくし村田康夫(ムラータ)が司会進行役を務めさせていただきます。


 

https://www.kyotographie.jp/public_events/3401/

 

・場所

入信院 多目的ホール

605-0062

京都府京都市東山区林下町409

 


・日時

427() 

 

113:0014:30

216:0017:30

 

参加定員 各30人程度まで 途中参加、途中退室でも結構です。

参加料金 ¥2000-当日精算

 

申し込み方法 

お電話、またはメールから参加お申込み

DRUM SHOP APOLLO

075-842-0188

info@drumshop-apollo.com


 

・イベント紹介文

()CUBAN VIBE! パーカッション・コンガワークショップ with Victor Sagarra

()Feel The Cuban Vide. Conga Drumming with Victor Sagarra

DRUM SHOP APOLLO 主催

2019年の注目展示の一つ、「彼女、私、そして彼らについて」では三名のキューバ人写真家の作品を展示します。このワークショップでは、キューバ文化を語る上で欠かせない「音楽」=「VIBE」をキューバの民族楽器・コンガを通して体感していただけます。キューバ人パーカッション奏者であるヴィクター・サガラによる演奏と共に、キューバ仕込みのラテンパーカッション奏者ムラータの軽快なトークを楽しみながら、実際にコンガを叩いて、五感で「キューバの振動」を感じる一時となるでしょう。

ワークショップの講師プロフィール

VictorSagarra

1959年10月8日 キューバ ハバナ生まれ

1981年~1982年Alejandoro Garrcia Katurla学校でパーカッションを学ぶ(その時の師匠Sanchiago Rreifer)師匠Miguel Dias AngaRobertom(LosVanVan)助言者Changuito

1984年 「プロジェクト」 ゴンサロ・ルバルカバ(ピアニスト)のグループでコンガのパートでデビュー。

1988年~1990年「ヌエバトローバ・クバーナ」ラテンパーカッション(コンガ・ボンゴ・ティンバレス)をセットにしての演奏と変わった。

1991年~1998年CharangaHabanera/コンガ

1988年~2007年CharangaForever/コンガ

前職はキューバの名門校「レーニン」で体育の教師をしていた。異例の経歴を持っている。

海外での共演者暦Tito PuenteNYEl CanarioNYLa IndiaNYEl Gran Conbo(プエルト・リコ)Barry White(アメリカ)Donna Sumer(アメリカ)Bony M(アメリカ)Sumer(アメリカ)Gilbert Gil(ブラジル)Jhon Benites(プエルトリコ)David Sanches(プエルトリコ)etc 

村田 康夫(ムラータ)
キューバ音楽を学ぶため、1994年、2001年、2004年と三度に亘りキューバ音楽ソンの発祥地サンティアゴ・デ・クーバに長期滞在し、ラテンパーカッションの奏法を習得する。 また、数多くのミュージシャンとも共演。 サルサ、ラテンジャズ、シャンソンやパーカッションアンサンブル等、ラテン系にとどまらず幅広く音楽活動を行っている。