ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.118 5連符実践編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.118 5連符実践編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。気が付けば、もうストーブが必要な季節となってしまいました。ベランダで太陽をいっぱいに浴びていたサボテンも室内に移動して冬の到来に備えます。これからの季節、コンガやボンゴは素手で叩くため、ハンドクリームは欠かせません。みなさんも風邪などひかぬようお気を付けください。

8月1日レッスン31日目その3
さて、今回はいよいよ実践編です。前回習得した5連符がどのように音楽の中で使われるのでしょうか?それでは、カナ譜例で確認してみましょう。

カナ譜例 1
タツクタタ・ドツクタタ

カナ譜例 2
タツク・タタド・ツクタ・タ

カナ譜例 1は前回の5連符です。そしてカナ譜例 2が今回のフレーズとなります。区切り方は異なりますが、音の並びは全く同じです。5連符のフレーズが3連符に置き換えられています。

カナ譜例 3
1   2     3     4   ・ 1  2   3    4  ・
♪       ♪       ♪      ・      ♪     ♪         ・
テ キ ト キ テ キ ド カ ・タツクタタドツクタタ ン・

そして、カナ譜例 3が実践的なパターンとなります。速さが分かり辛く、切り替えが非常に難しいフレーズなので、まずは後半のフレーズのみ繰り返し練習することが必要です。正確な3連符で、5コのフレーズに聞こえるように演奏出来れば完璧です。
次回はもう一捻り!お楽しみに!

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2006/11/23掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒600-8028
京都市下京区河原町通松原下ル植松町716
シャイニービル小阪 3F

入会申し込み・お問い合わせはこちら