ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.115 6連音符のフレーズ編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.115 6連音符のフレーズ編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。京都店では明るい店内計画を実行!1階と階段の照明を増設いたしました。日が沈んでからも明るくなり、商品が大変見やすくなりました。私たちも気分一身でより明るくなっています!?明るい店内計画大成功!さらに、今週は足場を組んでの外壁工事を一週間に亘り行います。
なにかとご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

7月31日レッスン30日目その3
さて、今回のレッスンはここまで登場した中では、最速となる6連符のフレーズです。
2分音符が基本の拍となるラテン系音楽では、6連符のフレーズはテンポが非常に取り難く、速いテンポの曲ではフレーズを入れることすら難しくなることもあります。
それでは、カナ譜例をご覧ください。

カナ譜例 1
  ・1           2            3            4         ・
  ・ ♪                      ♪                         ♪          ・
カ ・ドドドカカカカ     ン      テ      キ     ド     カ ・

カナ譜例 1は、上昇系の畳み掛けるような印象のあるフレーズです。シンプルですが、きれいに入ると結構インパクトがあるフレーズです。

カナ譜例 2
  ・1            2             3             4       ・
  ・ ♪                      ♪                      ♪          ・
カ ・ドドドカカカカ       ドドドカドカカ      ン     テ ・

    ・1          2            3           4       ・
  ・                 ♪             ♪                         ・
    ・ン     ド  ド  ン  テ   キ    ド     カ ・

カナ譜例 2は、2コのフレーズを連続して行うことで1拍半フレーズとなる完成型フレーズです。ミディアムテンポの曲やバラード調のボレロには最適のフレーズです。速いテンポの曲では非常に難しいですが、スピード感は抜群です。チャレンジしてみてくださいね!

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2006/10/12掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒600-8028
京都市下京区河原町通松原下ル植松町716
シャイニービル小阪 3F

入会申し込み・お問い合わせはこちら