ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.88 3連符を使ったショートフィル「もうひと捻り」後編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.88 3連符を使ったショートフィル「もうひと捻り」後編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。最近、京都店では20年ぶりとなる懐かしいお客様の来店が増えています。ライヴハウスでも40代前後のバンドが再結成をしてがんばっていると、よく耳にします。おっさんパワー炸裂ですね。老いも若きも皆さんがんばりましょう!

7月23日レッスン22日目 後編
前回の話題となった軒下の雨宿りで、なぜ職業が分かるか不思議ですよね?キューバでは、軍人、看護婦、ホテルのメイドなど制服のある職業の人たちは、自宅から制服で出勤するからなんですよ。日本では白衣姿でバスに乗る人はあまり見かけませんよね。また、当時サンティアゴでは水道が週に 1日しか出ないため、大きなタンクのない家庭では雨水を生活用水として貯めて使っていました。経済封鎖による影響がこんなところにも影を落としているんですね。

さて、前回に引き続き後半のレッスンも3連符を使ったショートフィルのレッスンとなりました。今回は、7月19日のレッスンで習得したカナ譜例 1に前回と同じカナ譜例 2をつなげたショートフィルです。
早速カナ譜例をご覧ください。

カナ譜例 1
 ♪        ♪       ♪  ・   ♪
ドカドカドカドカドカドン・テキトキ

カナ譜例 2
ドカド・カドカ・ドドド・ドドド・

カナ譜例 3
 ♪  ・    ♪     ♪              ・♪        ♪       ♪  ・
ドカ・ドカドカドカドドドドドド・ドカドカドカドカドカドン・

前回はクラーべ 2サイドの「ドカドカ~」から3サイドの「ドカドカ」と繰り返し、速度が遅くなるフィルでしたが、今回のショートフィル、カナ譜例 3は逆に速くなり解決します。さらに、解決する場所も違うため交互に使用することで、よりトリッキーな効果が得られます。
ポイントは、演奏するテンポのクラーベを2分音符の流れとしてしっかり感じることにあります。これを土台にしてこのフレーズがプレイできるようになれば、サウンドは自然にシンクロします。2分音符の大切さを再認識することになりました。

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2005/08/25掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒600-8028
京都市下京区河原町通松原下ル植松町716
シャイニービル小阪 3F

入会申し込み・お問い合わせはこちら