ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.81 ダブルストロークのエクササイズ編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.81 ダブルストロークのエクササイズ編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。最近、根無し草(エアープランツ)を育てています。その名のとおり根っこがありません。全身で空気中から水分を吸収する根無し草は、夜の霧吹きだけで日に日に成長しているのがわかります。根がないのに不思議ですよね!どんな花が咲くのか気になって夜も寝られません。

7月17日レッスン16日目
サンティアゴの街は、7月26日のキューバ革命記念日を最終日とする年に一度のカーニバルの熱気に包まれ、お祭り目当てでやってきた観光客でごった返してきました。ホテルやレンタルハウスは殆ど満室の状態となり、空いていたとしてもろくな部屋がないありさまです。少しでも良い条件の宿を探そうと、レンタカーで市内をうろうろしているヨーロッパ系ツーリストをよく見かけます。

さて、レッスンはと言うと、ひいき目に見ても計画的とは言い難いアドニスのことですから、前日とは関連性のないレッスンとなることは仕方がありません。
今日は、日頃のトレーニングにも最適な、ドラム奏法でも良く知られているダブルストロークのエクササイズを習うこととなりました。
それでは、例によってカナ譜例をご覧ください。

カナ譜例 1
タタタタタタ・ドドドドドド・タタタタタタ・ドドドドドド

カナ譜例 2
MACHO    LLRRLL    LLRRLL
HEMBRA      RRLLRR    RRLLRR

「タ」は小さい方 MACHO、「ド」は大きい方 HEMBRAです。「L」は左手、「R」は右手です。
ドラマーの方ならピンとくると思いますが、3連符系の移動を含むダブルストロークのエクササイズです。ドラムの場合はスティックを使うので、ダブルストロークの演奏にはリストストロークとフィンガーストロークを使用するのが一般的ですが、コンガやボンゴの場合は、アームストロークとリストストロークを駆使して演奏することとなります。そのため、りきみ易くなるので注意が必要です。
汗だくになりながらの怒涛のレッスンは続く。。。

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2005/05/12掲載 

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒604-8272
京都府京都市中京区
釜座通三条上る突抜町793
MAVIXビル 1F

入会申し込み・お問い合わせはこちら