ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.80 難解フレーズは絵を描くように編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.80 難解フレーズは絵を描くように編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。先週、スタッフ総出で京都店のカーペットを全面張り替えました。店内の商品やカウンターを全て外に出しての作業となりましたが、山積みとなった商品を見て改めて商品の多さにビックリし、店内の広さときれいになった床に感動してしまいました。職人顔負けの仕上がりと自負しています。

7月16日レッスン15日目 その2
今回のフレーズは今まで習ってきたものとは違い、かなり難解なため非常に苦労しました。フレーズはVOL.70でご紹介したフレーズと同様に、クラーべ2サイドのふたつ目となる3拍目からシンクロしてスタートします。では、早速カナ譜例をご覧ください。

カナ譜例 1
   ♪   ♪       ・ ♪   ♪    ♪ 
テキトキドンドウンドドド・カドンドドカドン

カナ譜例 1が今回のフレーズとなります。クラーべ2サイドの3拍目からクラーべ3サイドの1拍目にかけて微妙なタイミングで5個の音符が不規則に入ります。クラーべ3サイドは、規則正しく8分音符が並びます。今回のポイントはクラーべ2サイドの3拍目からの前半部分ですが、非常に分かり辛いので 8分音符で均等割りをしたカナ譜例 2をご覧ください。

カナ譜例 2
 ♪      ♪      ♪    ♪      ♪
ド  ン   ド ウ ン ドドドカ

クラーべ2サイドの3拍目から中抜きの3連譜「ドンド」、8分休符、3連譜「ドドド」そして、クラーべ3サイドの「カ」へとつながります。演奏のポイントは、前半の「ドンド」はゆったり、後半の「ドドド」は畳み掛けるようにです。細かく正確に叩くというよりは、大きくリズムをとってクラーべの音符の間に自然に入れることが求められます。絵を描くようにといったところでしょうか?

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2005/04/28掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒604-8272
京都府京都市中京区
釜座通三条上る突抜町793
MAVIXビル 1F

入会申し込み・お問い合わせはこちら