ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.76 続・MARCHAの応用編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.76 続・MARCHAの応用編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。最近知ったんですが、翻訳ソフトは以前に比べかなり改良が進んでいるんですね。まだちんぷんかんぷんの翻訳になることも多いようですが、近い将来装置を喉にあてて日本語を話せば、選んだ外国語が自由に話せるな~んていう日も来るかもしれませんね!

7月13日レッスン12日目。
本日のレッスンも昨日と同様にMARCHA(マルチャ)の応用編となりました。前回までとは少しニュアンスの違うMARCHAです。非常に良く使われるパターンなので、是非マスターしたいものです。早速ですが、注目していただきたい音があります。それはアクセントとなる「カ」の音です。今までのMARCHAでは必ず 4拍目となる「ド」の音符の後に来ていましたね。今回は「ド」の前に来ます。このフレーズが使用されるのは、クラーべの3サイドとなります。

では、早速カナ譜例をご覧ください。No.2を基本としたパターンを変化させたNo.6と、No.3を変化させたNo.7であることが確認できるでしょうか?

 ♪    ♪     ♪   ・   ♪   ♪   
ドントキンカドン・テキトキテキドカ  No.6
 ♪    ♪   ♪   ・   ♪   ♪   
ドントキンカドン・テキトキテキンカ  No.7

さらに、クラーべ感が強調されたパターンとしてNo.5を変化させたNo.8、 4拍目の「ド」の音を抜いた完成版とも言えるNo.9。最も良く使用されている例です。

 ♪    ♪     ♪   ・   ♪   ♪   
ドントキンカドン・ンドドキテキドカ  No.8
 ♪    ♪     ♪   ・   ♪   ♪   
ドントキンカドン・ンドドキテキンカ  No.9

手順は、今までのパターンを順番に習得していけば分かってきますので、確認してみてください。書いている本人が言うのもなんですが、MARCHAについてここまで詳しく説明されている資料はないと思いますので興味のある方は、是非チャレンジしてみてくださいね!
Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。
2005/02/24掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒600-8028
京都市下京区河原町通松原下ル植松町716
シャイニービル小阪 3F

入会申し込み・お問い合わせはこちら