ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.54 カウベルで皆を踊らせろ!コンパルサのアルバム紹介編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.54 カウベルで皆を踊らせろ!コンパルサのアルバム紹介編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。前回紹介したコンパルサのアンサンブルはお試し頂けたでしょうか?楽譜よりは理解しやすいカナ譜例ですが、実際の音を聞いていただきたいので、今回は演奏が収録されているアルバムを紹介いたします。最近では、民族音楽やラテンのコーナーを探せばキューバの民族舞踏団などの現地録音が比較的簡単に見つかると思いますので、私なりの違う角度から見たあるバンドを紹介したいと思います。

そのバンドはキューバのバンドではなく、TIPICA’73(ティピカ’73)というニューヨークのバンドなんです。Timbales にNicky Marrero や Conga に Cachete などが参加しています。そして、なんと言っても Bongoには、ニューヨークのボンゴ奏者の中で私が最も尊敬する Johnny Rodriguez Jr. が参加しています。今は亡き“El Rey”こと Tito Puenteと共に来日した時の演奏を今も鮮明に覚えています。
なぜ、キューバ伝統音楽のコンパルサのアルバム紹介に、ニューヨークの TIPICA’73を紹介するかというと、ご存知ではない方も多いかもしれませんが、1962年のキューバ危機以降、アメリカとキューバは国交断絶状態となりました。現在では、比較的簡単に行き来が可能になりましたが、冷戦中の1970年代はアメリカ人が簡単にはキューバの地を踏むことは許されませんでした。
このバンドはそんな時代に、膨大な書類による手続きを経て、文化交流を目的にキューバに渡りレコーディングを果たしたバンドなんです。このことからもわかるように、演奏の至るところにキューバ音楽を敬愛してやまない様子がうかがえるバンドです。そのキューバで録音されたアルバムのタイトルは、TIPICA’73 en Cuba-Intercambio culturalです。

キューバ側のミュージシャンとしては、Timbales の Gillermo Barrettoや Changuito、そしてすばらしいコンガソロを聞かせてくれる Tata Guinesも参加しています。このアルバムのクレジットにはコンパルサは記載されていませんが、1分ほどのカンパナによるコンパルサの演奏が収録されています。
さらに、Charangueando con la TIPICA 73というアルバムでは、大編成によるコンパルサが収録されています。是非聴いてみてくださいね!

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2004/3/25掲載             

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒600-8028
京都市下京区河原町通松原下ル植松町716
シャイニービル小阪 3F

入会申し込み・お問い合わせはこちら