ムラータミュージックトップページ > ムラータコラム「Hola! Que bola?」記事一覧 > VOL.133 ヴィティスメン/コンガワークショップQ&A編

Hola! Que bola?|ムラータのコラム“オラ!ケ・ボラ?”

VOL.133 ヴィティスメン/コンガワークショップQ&A編

Hola! Que bola? みなさん、お元気ですか?京都店の村田です。
今回はCHAPA実践編の予定でしたが、コンガワークショップQ&Aコーナーでのヴィティスメンことヴィクトル・サガーラ氏の回答に非常に興味深いものがありましたので予定を変更してご紹介したいと思います。

ヴィティスメンのコンガワークショップは、梅雨空を吹き飛ばす勢いの大盛況でした。今回は、現役バリバリのキューバのミュージシャンのワークショップと言うこともあって、みんなの注目はやはり、どのようにリズムを感じて演奏しているかに集中しました。どうやらその秘密はクラーベにあるようです。

《数え方について》
私たち日本人は、譜面に置き換えてリズムをイメージするため小節単位に数えますが、キューバ人はどうなんでしょう?
ヴィティスメンの回答はやはり、予想どおり「1、2、3、4」の小節単位ではなく、クラーベ単位でした。では、実際のクラーベの数え方をカナ譜例で確認してみましょう。

オラ・ケ・ボラ1~158

私たち日本人は、カナ譜例 1の小節単位の数え方なのでクラーベを「いち、にとー、しー、に、さん」と数えます。ヴィティスメンは、カナ譜例 2のように

「UN、DOS、UーN、DOS、TRES」

と数えていました。

オラ・ケ・ボラ1~158

ルンバクラーベはカナ譜例 3のように数えます。

私たちが、1と思って演奏しているところと、彼が演奏している1が違うんですね。
キューバに行ってコンガのレッスンを受け、頭がどこか分からず何回もどこが1か聞いたという話を良く聞きます。
今日から「UN、DOS、UーN、DOS、TRES」と口ずさみながら、サルサを聞き、楽器の練習し、踊りましょう!

Nos vemos!  それでは、またお会いしましょう。

2007/07/12掲載

一覧へ戻る

ムラータコラム「Hola! Que bola?」は、20年間に亘り京都店店長として勤務したDRUMS PROSHOP GATEWAY配信のメールマガジンGATEWAY NEWSにて、2002/1/10から2008/7/24に亘り掲載したコラム“キョートテンチョー・ムラータのオラ・ケ・ボラ!”より抜粋して掲載しています。

予約・お問合せ

MURATA MUSIC

TEL:070-4316-5913
〒604-8272
京都府京都市中京区
釜座通三条上る突抜町793
MAVIXビル 1F

入会申し込み・お問い合わせはこちら